アセトアミノフェン(あせとあみのふぇん)
Acetaminophen

作用と特徴

脳の体温中枢や中枢神経に作用して熱を下げたり、痛みを緩和したりする成分で、主に解熱鎮痛薬や総合感冒薬(かぜ薬)に配合されています。胃腸障害やぜんそく発作などの副作用が少なく、作用が穏やかで比較的安全性が高いのが特徴で、高齢者や小児にも使用されます。また、妊娠中や授乳中に解熱鎮痛薬が必要な場合にも、アセトアミノフェン単一成分(単剤)のものが用いられることもあります。

注意事項

この成分の含まれた薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人、消化性潰瘍、重篤な血液異常、肝障害、腎障害、心機能不全、またはその既往歴のある人は使用しないでください。
他の解熱鎮痛薬やかぜ薬との併用、使用前後の飲酒、長期の連用は避けてください。病気治療中の人、持病のある人、他に薬を使用している人、妊婦または妊娠していると思われる人は、使用前に医師または薬剤師に相談してください。
重篤な副作用として、大量使用による肝障害が報告されています。また、発疹、発赤、かゆみ、吐き気、嘔吐、食欲不振、めまいなどが現れた場合は副作用の可能性があるので、すぐに使用を中止し、医師または薬剤師に相談してください。

ちょっと一息

お酒と薬

お酒(アルコール)は体内での薬の吸収や代謝の速度を変えてしまったり、中枢神経の働きを抑えたりします。そのため一緒に摂ると薬の作用が増強され、肝機能障害を起こしたり、意識がなくなったり、血圧が下がり過ぎたりするなど危険な副作用を起こす可能性があります。特にかぜ薬や解熱鎮痛薬、降圧薬、利尿薬、精神安定薬、睡眠導入薬などは、アルコールとの併用に注意が必要です。体からアルコールの影響がなくなってから服用するようにしましょう。
個人差がありますが、ビール中びん1本(500ml)分のアルコールを肝臓が分解するのにかかる時間は、男性では約2時間、女性では3時間くらいといわれています。もちろん、お酒で薬をのむのは厳禁!必ずたっぷりの水かぬるま湯でのむようにしてください。
監修プロフィール
鈴木 龍一郎先生
城西大学薬学部 准教授 すずき・りゅういちろう鈴木 龍一郎先生

1999年明治薬科大学薬学部卒業。05年同大学大学院薬学研究科修了(博士(薬学))。 独立行政法人理化学研究所長田抗生物質研究室協力研究員、 大正製薬株式会社セルフメディケーション開発研究所主任研究員補などを経て、 17年より現職。日本薬学会、日本生薬学会(代議員)、日本臨床化学会(評議員)所属。

<分子構造モデル・構造式制作 協力>
城西大学大学院薬学研究科博士後期課程1年 佐野愛子さん
城西大学大学院薬学研究科博士前期課程2年 見沢沙瑛さん

※この内容は成分の一般的な特徴について記したものです。
製品の効能とは異なりますので、詳しくは製品の解説をご確認ください。