L-カルボシステイン(えるかるぼしすていん)
L-Carbocisteine

作用と特徴

痰の切れをよくするために用いられる代表的な去痰成分で、鎮咳去痰薬(咳止め薬)や総合感冒薬(かぜ薬)に配合されています。
かぜなどでは気道粘膜にウイルスや細菌が付着して炎症を起こし、気道の粘液が増えたり、粘液の組成が変化したりするために痰が出るようになります。L-カルボシステインは、痰を構成する粘液成分を整えたり、気道の炎症を抑えたり、気道粘膜にある線毛の働きを正常化したりすることによって、痰を排出しやすくします。

注意事項

他の鎮咳去痰薬、かぜ薬、鎮静薬、抗ヒスタミン剤を含有する内服薬との併用は避けてください。医師の治療を受けている人、妊娠または妊娠していると思われる人、薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人は、使用前に医師または薬剤師に相談してください。
使用により、発疹、発赤、かゆみ、吐き気、嘔吐、食欲不振、めまいなどの症状が現れた場合は副作用の可能性があるので、使用を中止し、医師または薬剤師に相談してください。

ちょっと一息

かぜ薬ってどんなもの?

市販のかぜ薬には「かぜ」の様々な症状に対応するために、解熱鎮痛成分、抗ヒスタミン成分、鎮咳成分、去痰成分、副交感神経遮断成分などいろいろな成分が配合されています。これらはいずれも症状を抑えて体を楽にし、回復を助けるための成分で、かぜの原因であるウイルスや細菌を殺したり、免疫力を活性化させたりする働きはありません。
中には市販のかぜ薬は効き目が弱いから多めにのむとよい、と思っている人もいるようですが、これはNG。決められた用量を超えて服用すれば、症状をより強く抑えることができますが、免疫力を低下させて結果的に治りを遅くしてしまったり、副作用や合併症を招いたりする危険もあるので、絶対に避けてください。
また、複数のかぜ薬や咳止め薬、鼻炎薬などを併用するのもNGです。同じ作用の成分を過量に摂ることになり、副作用が出る場合があります。
こうした注意事項は添付文書に記載してあるので、かぜ薬を使う時には使用上の注意をよく読み、分からないことがあれば薬剤師に相談しましょう。
監修プロフィール
鈴木 龍一郎先生
城西大学薬学部 准教授 すずき・りゅういちろう鈴木 龍一郎先生

1999年明治薬科大学薬学部卒業。05年同大学大学院薬学研究科修了(博士(薬学))。 独立行政法人理化学研究所長田抗生物質研究室協力研究員、 大正製薬株式会社セルフメディケーション開発研究所主任研究員補などを経て、 17年より現職。日本薬学会、日本生薬学会(代議員)、日本臨床化学会(評議員)所属。

<分子構造モデル・構造式制作 協力>
城西大学大学院薬学研究科博士後期課程1年 佐野愛子さん
城西大学大学院薬学研究科博士前期課程2年 見沢沙瑛さん

※この内容は成分の一般的な特徴について記したものです。
製品の効能とは異なりますので、詳しくは製品の解説をご確認ください。