ネオスチグミンメチル硫酸塩(ねおすちぐみんめちるりゅうさんえん)
Neostigmine Methylsulfate

作用と特徴

眼科用薬に用いられる目のピント調節機能改善成分です。目は、対象との距離に応じて水晶体を厚くしたり薄くしたりすることで、ピントを調節しています。この働きは、水晶体の周りにある毛様体筋と呼ばれる筋肉の収縮・弛緩によって行われます。
ネオスチグミンメチル硫酸塩は、毛様体筋に指令を送る神経伝達物質アセチルコリンの働きを高め、毛様体を弛緩させることで目の調節機能を改善します。点眼薬のほか、人工涙液、コンタクトレンズ装着液、洗眼薬などに配合されています。

注意事項

この成分の含まれた薬でアレルギーを起こしたことがある人、アレルギー体質の人、病気の治療中の人は、使用前に医師または薬剤師に相談してください。
主な副作用として、過敏症状、一過性の眼圧上昇(眼痛、見えにくい、頭痛)、調節けいれん(見えにくい)などが報告されています。こうした症状に気づいた時や、2週間くらい使用しても症状の改善が見られない場合は、医師または薬剤師に相談してください。

ちょっと一息

かすみ目の原因

「目がかすむ」「ぼやけて見える」「ピントが合うのに時間がかかる」といった症状は、目の酷使によって生じやすいものです。特に目に負担をかけるのは、パソコン作業のように、長時間近くをじっと見続けること。毛様体筋の緊張状態が続き、筋肉疲労を起こしてピント調節機能が低下してしまいます。
また、40代以降に増える老眼では、老化によって水晶体が硬くなり、ピント調節力が衰えるため、近くの対象が見えにくくなります。最近では、若い世代でも長時間のスマホやゲームが原因で、老眼のような症状を訴えるケースが増え、「スマホ老眼」と呼ばれています。
かすみ目の原因にはこのほかにも、目に合わないメガネやコンタクトレンズの装用、近視、遠視、乱視といった目の屈折異常などがあります。中には目や神経の病気が隠れていることもあるので、症状が続く場合は放置せず、眼科を受診するようにしましょう。
監修プロフィール
鈴木 龍一郎先生
城西大学薬学部 准教授 すずき・りゅういちろう鈴木 龍一郎先生

1999年明治薬科大学薬学部卒業。05年同大学大学院薬学研究科修了(博士(薬学))。 独立行政法人理化学研究所長田抗生物質研究室協力研究員、 大正製薬株式会社セルフメディケーション開発研究所主任研究員補などを経て、 17年より現職。日本薬学会、日本生薬学会(代議員)、日本臨床化学会(評議員)所属。

<分子構造モデル・構造式制作 協力>
城西大学大学院薬学研究科博士後期課程1年 佐野愛子さん
城西大学大学院薬学研究科博士前期課程2年 見沢沙瑛さん

※この内容は成分の一般的な特徴について記したものです。
製品の効能とは異なりますので、詳しくは製品の解説をご確認ください。