グリチルリチン酸二カリウム(グリチルリチン酸)(ぐりちるりちんさんじかりうむ)
Dipotassium glycyrrhizinate

作用と特徴

生薬のカンゾウ(甘草)の根に含まれるグリチルリチン酸にカリウム塩を加えて、水に溶けやすくした成分です。
優れた抗炎症作用を持ちながら刺激が少ないのが特徴で、腫れや痛みを緩和する目的で総合感冒薬(かぜ薬)や鼻炎用薬、点眼薬、トローチなど様々な薬に配合されています。また、スキンケア用品、シャンプー、育毛剤、歯みがきなどの有効成分としても幅広く利用されています。

注意事項

長期の使用や大量使用により、偽アルドステロン症(浮腫、高血圧、低カリウム血症など)、ミオパチー(四肢の脱力、けいれんなど)を起こす可能性があります。定められた量を守って使用してください。
高血圧、心臓病、腎臓病の人、妊婦または授乳中の人は、使用前に医師または薬剤師に相談してください。
主な副作用として、発疹、発赤、かゆみ、吐き気・嘔吐、食欲不振、腫れ、刺激感などが報告されています。こうした症状に気づいたら、医師または薬剤師に相談してください。

ちょっと一息

ハーブとしても人気の「甘い草」

グリチルリチン酸二カリウムの原料となるカンゾウ(甘草)は、マメ科カンゾウ属の多年草で、古くから世界中で薬として利用されてきました。日本には遣唐使によって伝えられ、奈良の正倉院には当時のものが大切に保管されています。
漢方の生薬ではウラル甘草とスペイン甘草が使われていますが、このうちスペイン甘草は「リコリス」としてハーブでも人気です。「甘い草」という名の通り、根の主成分であるグリチルリチン酸には、砂糖の100倍とも200倍ともいわれる強い甘味があります。ごく少量でも甘味料として役立つことから、根から抽出されたエキスは日本では味噌、醤油、佃煮などに、欧米ではキャンデー、ドリンク、リキュールなどに添加物としてよく使われています。
カンゾウには抗酸化作用を持つフラボノイドも豊富に含まれ、とても魅力的な生薬ですが、サプリメントなどで大量に摂るのは避けたほうが無難。特に妊娠中の人は、早産につながる可能性もあることが一部の研究で示唆されているので注意してください。

リコリス茶

監修プロフィール
鈴木 龍一郎先生
城西大学薬学部 准教授 すずき・りゅういちろう鈴木 龍一郎先生

1999年明治薬科大学薬学部卒業。05年同大学大学院薬学研究科修了(博士(薬学))。 独立行政法人理化学研究所長田抗生物質研究室協力研究員、 大正製薬株式会社セルフメディケーション開発研究所主任研究員補などを経て、 17年より現職。日本薬学会、日本生薬学会(代議員)、日本臨床化学会(評議員)所属。

<分子構造モデル・構造式制作 協力>
城西大学大学院薬学研究科博士後期課程1年 佐野愛子さん
城西大学大学院薬学研究科博士前期課程2年 見沢沙瑛さん

※この内容は成分の一般的な特徴について記したものです。
製品の効能とは異なりますので、詳しくは製品の解説をご確認ください。