脳血管疾患

脳血管疾患は脳梗塞、脳出血、くも膜下出血など、脳の血管のトラブルによって起こる病気の総称です。脳の血管(動脈)に発生したトラブルによって脳の機能が失われ、言語障害や麻痺、記憶障害などの影響が現れます。そうした症状は後遺症として残ることもありますが、発症後、数時間以内に治療を行えば高確率で防ぐことができますし、正しく対策することで病気そのものの発症をできるだけ少なくすることも可能といわれています。

脳血管疾患について知る

血管・血液