うつ病

うつ病は「心のかぜ」ともいわれ、憂鬱感を主とした精神症状や睡眠障害、頭痛、食欲不振といった身体症状などが現れる病気です。うつ病で病院を受診する患者数は、2017年に127万人を超えていて、働き盛りといわれる30代後半以降、患者数が多い傾向にあります。うつ病は様々な原因が重なり合って発症するといわれており、繰り返すことも少なくありません。働き盛りを襲う深刻な社会問題にもなってきています。

うつ病について知る

こころ・神経