骨粗鬆症

「骨粗鬆症(こつそしょうしょう・骨粗しょう症)」とは、骨の主成分であるカルシウムなどの総量(骨量)が低下して全身の骨が弱くなる病気です。女性ホルモンとの関わりが深く、閉経を迎えた50歳以降の女性に多く見られ、症状がないまま進行し、骨折して初めて気づくことが多いのが特徴です。骨粗鬆症により転倒骨折や圧迫骨折を起こすと痛みなどから寝たきりを招くこともあるため、日頃から対策を行い、骨の健康を維持することが大切です。

骨粗鬆症について知る

その他