子宮体がん

「子宮体がん」は、ウイルスによって起こる「子宮頸がん」とは全く別のもの。ホルモン異常によって子宮内膜に発生する悪性腫瘍のことで、「子宮内膜がん」とも呼ばれます。近年は子宮体がんが増加しており、子宮がん全体の約半数を占めています。40歳頃から増え始め、発症のピークは閉経後の50〜60代。進行が遅く比較的早い段階から不正出血などの症状が現れるため、月経不順の人、月経以外の出血のある人はすぐに受診し、早期発見につなげましょう。

子宮体がんについて知る

女性・男性の悩み