子宮筋腫

子宮筋腫は子宮の壁の筋肉にできる良性の腫瘍です。子宮筋腫は小さなものも含めると、30歳以上の女性の20~30%に見られるといわれる、身近な病気です。子宮筋腫の発生原因には女性ホルモンのエストロゲンが関係すると考えられていて、主な症状は筋腫のできている場所により、生理の経血の量が多い、頻尿や圧迫感など様々です。筋腫が大きくなると腹部を触った時にしこりを感じることもあります。日常生活に支障が出るほど強い症状がある場合などは手術を行いますが、その他は経過観察や薬による治療が中心です。

子宮筋腫について知る

女性・男性の悩み