子宮内膜症

子宮内膜症は子宮の内側を覆う子宮内膜とよく似た組織が、卵巣や腹膜といった子宮以外のところにでき、増殖する病気のことです。進行すると腹腔内の癒着、卵管癒着などが起こり、それをきっかけに妊娠しづらくなるケースも少なくありません。中には不妊の検査をしてはじめて、子宮内膜症だったことに気づく場合もあります。主な自覚症状としては鎮痛剤が効かないような激しい月経痛、排便痛、性交痛が挙げられます。こうした症状に心当たりがある場合は、早めに婦人科を受診しましょう。

子宮内膜症について知る

女性・男性の悩み