ものもらい

「ものもらい」は、まぶたの縁や内側に細菌が感染し、腫れや痛みなどの症状が起こるも目の病気です。医学用語では「麦粒腫(ばくりゅうしゅ)」という病気です。地域によって呼び方がいろいろあり、関西地方では「めばちこ」、四国地方や近畿地方の一部ででは「めいぼ」「めぼ」などと呼ばれています。名前から伝染する病気のように思われがちですが、ものもらいの原因となる細菌は、そもそも常在菌(人が常に持っている細菌)であるため、人から人にうつることはありません。

ものもらいについて知る

目・鼻・のど