のどの痛み

のどの痛みはのどの炎症によって引き起こされます。のどは、空気や飲食物の入り口であり、外敵が最初に接触する場所であるため、炎症が起こりやすい場所です。 のどの役割には、飲食物を飲み込む「嚥下(えんげ)機能」、空気の出入り口としての「呼吸機能」、声を出す「発声機能」、細菌やウイルスなどの侵入を防ぐ「免疫機能」があります。のどは大きく分けて、主に嚥下や免疫に関わる「咽頭(いんとう)」と、のどぼとけの内側で、呼吸や発声に関わる「喉頭(こうとう)」に分けられます。 のどは空気や飲食物だけでなく微生物の入り口にもなるため、咽頭の粘膜には免疫をつかさどるリンパ組織が密集しており、口や鼻から細菌やウイルスが入るとそれを排除しようと炎症が起こりやすくなります。咽頭の中にあるリンパ組織が集まって大きくなった「扁桃(へんとう)」という組織が腫れたことのある人も多いでしょうが、これは体がまさに病原体と戦っている状態なのです。炎症を起こすと神経が刺激されるので、私たちはのどの痛みとして感じます。

気道の構造

のどの痛みについて知る

目・鼻・のど