打撲・捻挫(ねんざ)

「打撲=打ち身」は、人や物にぶつかったり転倒したりして起こる、皮膚には傷口がないものの、皮下組織や筋肉などが損傷するけがのことです。多くの場合、病院で治療を受けなくても自然に治りますが、打撲だけでなく骨折しているケースもあるので慎重に見極めることが重要です。 一方「ねんざ」は、関節部分の損傷です。本来、関節には一定の運動範囲がありますが、その範囲を越える無理な力が加わって曲げられたり伸ばされたりした結果、関節を構成する「関節包(かんせつほう)」や「靭帯(じんたい)」、「滑膜(かつまく)」がねじれ、部分的に切れてしまった状態のことです。足、手、肩、膝関節など、全身のあらゆる関節で起こります。

ひざの関節

打撲・捻挫(ねんざ)について知る

手・足