脂質異常症(中性脂肪値、コレステロール値)

中性脂肪とコレステロールはどちらも肝臓でつくられる脂質の一種です。中性脂肪は主に体を動かすエネルギー源となり、体温を一定に保ったり、体を衝撃から守ったりする働きをしています。コレステロールは細胞膜の構成成分、副腎皮質ホルモンや消化・吸収を助ける胆汁酸などの材料になります。コレステロールにはLDLコレステロールとHDLコレステロールの2種類があります。LDLコレステロール(悪玉コレステロール)は、全身の細胞にコレステロールを運ぶ「運び屋」で、細胞で使われずに余ると血管壁にたまっていきます。HDLコレステロール(善玉コレステロール)は、血液中や血管壁にたまったコレステロールを回収して肝臓に戻す「回収屋」です。中性脂肪やコレステロールは、このように体にとってなくてはならないものですが、血液中に中性脂肪やLDLコレステロールが過剰になったりHDLコレステロールが不足するなど、これらの数値が基準値を外れると「脂質異常症」と診断されます。自覚症状がなくても数値の異常が見られたら、放置しないことが大切です。

脂質異常症(中性脂肪値、コレステロール値)について知る

生活習慣