物忘れ(認知機能の低下)

物忘れ(認知機能の低下)は、加齢と共に誰しもが起こり得る現象です。人の名前が思い出せない、物を置いた場所を忘れてしまうなどが時々ある程度であれば、生理的な老化現象による物忘れのレベル。一方で、「認知症」は、種々の原因疾患により記憶や思考などの認知機能が低下し、6カ月以上に渡って日常生活に支障が出ている病的な状態です。認知症は生活習慣病との関連も深いため、普段の生活習慣を見直すことが大切。40代以降は、脳のケアに取り組んでいくことが大切です。

物忘れ(認知機能の低下)について知る

生活習慣