しもやけ(ひび割れ・あかぎれ)

しもやけは、寒さによる血行不良によって起こる炎症の1つでうっ血した肌が赤く腫れて、かゆくなります。「凍瘡(とうそう)」とも呼ばれます。「ひび割れ」は、寒さと外気の乾燥によって皮膚が切れて皮膚表面(表皮)にひびが入った状態で、さらに深く真皮層までひびが生じると血がにじみ、ピリピリした痛みがある「あかぎれ」になります。しもやけは手先や足先、皮膚が外気に露出する耳たぶや鼻先などに、あかぎれは皮脂の分泌の少ない手先やかかとなどに発症しやすいのが特徴です。

しもやけ(ひび割れ・あかぎれ)について知る

皮膚・お肌