歯周病(歯周炎・歯肉炎)

日本人の成人約8割がかかっているといわれ、歯を失う最も大きな原因となる歯周病。歯周病菌が原因で歯茎が腫れて血が出たり、歯槽骨(しそうこつ)が溶けたりし、やがては歯が抜け落ちてしまう病気です。近年では、歯周病菌が歯茎から血液に侵入すると、動脈硬化や糖尿病、早産や低体重児出産など、全身に悪影響を及ぼすことが分かっています。

歯周病(歯周炎・歯肉炎)について知る

歯・口