うおのめ(鶏眼)・たこ(胼胝)

うおのめも、たこも、皮膚の一部分が「慢性的な刺激」を受け続けることによって、その部位を守るために表面の角質層が厚く硬くなってできる病変です。主に大人の足の裏や足指の間にできます。 うおのめは直径5~7mm程度の大きさのしこりで、中心に魚や鳥の目のように見える小さな角質の芯があるため「うおのめ」と呼ばれます。外部からの刺激を受けると痛みを生じます。 たこは足の裏にできる他、足の裏以外にも、その人の生活習慣で慢性的な刺激が加わる部位にもできます。例えば正座の習慣で足の甲にできる「座りだこ」や長時間ペンを握る習慣によって指にできる「ペンだこ」などがあります。通常、痛みはありません。

うおのめ(鶏眼)・たこ(胼胝)について知る

手・足