過敏性腸症候群

過敏性腸症候群(IBS)とは、大腸内視鏡などの検査をしても腸には目に見える異常が見つからないのに、下痢や便秘などの便通異常が頻繁に起こり、腹部の不快な症状が続く病気のことです。 腸には多くの神経細胞があり、自律神経を介して脳とつながっています。腸が不調だと気持ちが落ち込み、脳に受けたストレスは腸に反映し不調を招く。このように脳と腸が双方向に影響し合うことを「脳腸相関」といいます。

過敏性腸症候群について知る

胸・おなか