ぜんそく

正式な病名は「気管支ぜんそく」といい、空気の通り道である気道の粘膜が、慢性的に炎症を起こしている病気のことです。敏感になっている気道に何かしらの刺激が加わることで気道が狭まり、呼吸困難や激しい咳(せき)などの発作が起こります。発作は一時的なものですが、気道の炎症は続いているため、発作は繰り返されます。発作や重症化を防ぐためにも、継続的な治療によるコントロールが重要です。

ぜんそくについて知る

監修プロフィール
今津嘉宏先生
芝大門 いまづクリニック院長 いまづ・よしひろ今津嘉宏先生

1988年藤田保健衛生大学医学部卒業。慶應義塾大学医学部外科学教室助手、同大学医学部漢方医学センター助教、WHO intern、慶應義塾大学薬学部非常勤講師、北里大学薬学部非常勤講師、首都大学東京非常勤講師などを経験。2013年芝大門 いまづクリニック開設。北里大学薬学部非常勤教員。著書に『風邪予防、虚弱体質改善から始める 最強の免疫力』(ワニブックス)など。

今すぐ確認!ドクターズチェックはコチラ

もっと知りたい!動画はコチラ