サルコペニア(筋肉減少症)

サルコペニアとは、ギリシャ語の「Sarx(筋肉)」と「Penia(喪失)」から作られた言葉で、主に加齢によって筋肉(骨格筋:体を動かす筋肉)の量が減少し、筋力と身体能力が低下した状態をいいます。加齢以外にも、不活発な生活や疾患、低栄養が原因で起きる場合もあります。 私たちの筋肉の量は、ピークである20代を過ぎると10年間に男性は約2㎏、女性は約1㎏ずつ減っていくといわれ、75~79歳の男女の約2割、80歳以上では男性の約3割、女性の約半数がサルコペニアに該当するという研究結果(東京都健康長寿医療センター研究所の研究による)もあります。 サルコペニアは寝たきりや要介護状態を引き起こす重大な要因であり、また糖尿病や肺炎などを発症しやすくなり、死亡率が高くなることも分かってきました。 サルコペニアかどうかは、医療機関では握力・歩行速度・BMIで診断しますが、まずは自分でできる簡単なセルフチェックがあります。サルコペニアは運動や食事など、生活を見直すことによって予防や改善ができる疾患のため、自身の状態をチェックし、早めに対策を始めましょう。

サルコペニア(筋肉減少症)について知る

監修プロフィール
荒井 秀典先生
国立長寿医療研究センター 理事長 あらい・ひでのり荒井 秀典先生

医学博士。日本老年学会理事長、日本老年医学会副理事長、日本サルコペニア・フレイル学会代表理事他を務める。専門領域は、老年医学一般、フレイル、サルコペニア、脂質代謝異常。1984年京都大学医学部卒。91年京都大学医学部大学院医学研究科博士課程修了。91年京都大学医学部老年科助手、93~97年米国カリフォルニア大学サンフランシスコ校研究員。2009年、京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻教授。15年、国立長寿医療研究センター副院長を経て、19年より現職。