とびひ(伝染性膿痂疹)

とびひは正式名称を「伝染性膿痂疹」といい、虫刺されやあせもなどをかきこわした傷、転んでできたすり傷などに細菌が感染することで起きる、代表的な皮膚の細菌感染症です。 とびひは、高温多湿の夏に乳幼児が感染しやすい「水疱性膿痂疹(すいほうせいのうかしん:水疱ができるタイプ)」と、季節や年齢に関係なく突然発症する「痂皮性膿痂疹(かひせいのうかしん:かさぶたができるタイプ)」に分けられますが、多くは水疱性膿痂疹です。 水疱性膿痂疹の原因菌は黄色ブドウ球菌で、水疱をかきこわした手で体の他の部位をかいたりすると、火事の飛び火(とびひ)のように、次から次へと他の部位へ水疱が広がっていってしまうことから、「とびひ」と呼ばれます。痂皮性膿痂疹はA群β溶血性連鎖球菌(溶連菌)が原因で、子どもだけでなく大人も発症するのが特徴です。

とびひ(伝染性膿痂疹)について知る

監修プロフィール
黒木 春郎先生
外房こどもクリニック院長 くろき・はるお黒木 春郎先生

千葉大学医学部卒業。医学博士。千葉大学医学部臨床教授。公認心理師。千葉大学医学部附属病院小児科医局に所属し、関連病院勤務を経て、1998年千葉大学医学研究院小児病態学教官。2005年、外房こどもクリニックを開業。日本小児科学会専門医・指導医。日本感染症学会専門医・指導医・評議員。日本遠隔医療学会理事。著書に『プライマリケアで診る小児感染症 7講』(中外医学社)、共著『最新感染症ガイド R-Book 2018-2021』(日本小児医事出版社)ほか多数。

今すぐ確認!ドクターズチェックはコチラ

あわせて読みたいコラムはコチラ