巻き爪

巻き爪とは、爪の両端が内側に巻き込んだ形に変形する疾患です。足の親指に起こることが多いのですが、他の足の指に起こることもあります。普段は痛みがなくても、運動や長時間の歩行で痛みが出てしまったり、爪が皮膚に食い込んで傷つけ、痛みや炎症を引き起こす「陥入爪(かんにゅうそう)」の原因にもなります。
そもそも足の爪には、歩く時に地面から指先にかかる力を受け止めるという役割があります。爪があるからこそ、足指が地面をしっかりつかんで蹴り出すことができるのです。巻き爪には、痛みを引き起こすという側面だけではなく、「足の指をしっかり使えていない」という歩き方の問題も隠れています。一生自分の足で歩き続けるためにも、たとえ今は痛みがなくても、自分の巻き爪の原因を知り、放置せずに治療・改善することが大切です。

歩くのに欠かせない足の爪

巻き爪について知る

監修プロフィール
高山 かおる先生
済生会川口総合病院皮膚科部長・東京医科歯科大学附属病院皮膚科臨床准教授 たかやま・かおる高山 かおる先生

医学博士、皮膚科専門医、日本フットケア・足病医学会評議員、日本トータルフットマネジメント協会理事、日本皮膚免疫アレルギー学会評議員、一般社団法人足育研究会代表理事。1995年、山形大学医学部卒業。東京医科歯科大学附属病院にて足の問題を根本から解決するための装具外来、メディカルフットケア外来、歩行教室を併設するフットケア外来を開設。健康な足を保つ重要性について啓発を行っている。著書に『皮膚科医の教える本当に正しい足のケア』(家の光社)、『巻き爪、陥入爪、外反母趾 特効セルフケア』(マキノ出版)等がある。