溶連菌感染症

溶連菌感染症は、溶血性連鎖球菌(ようけつせいれんさきゅうきん:略して溶連菌)という細菌がのどに感染して起こる病気で、5~15歳を中心に、幼児・学童期に多く発症します。春から夏にかけてと、冬に流行しやすい病気です。 溶連菌感染症に感染すると、始めに咽頭炎(いんとうえん)や扁桃炎(へんとうえん)といった、のどのかぜ症状と、39℃前後の急な発熱があります。発熱に続いてかゆみをもった小さな赤い発疹が出ることもあります。その後、舌がイチゴのように赤くブツブツした状態になる「イチゴ舌」の症状が現れます。幼児・学童期の場合は比較的重い症状が出ますが、3歳以下の子どもの場合、軽いかぜ症状で済むことも多い病気です。 溶連菌感染症はウイルス性のかぜとは違い、細菌が原因のため、自然に治ることはありません。抗菌薬を用いた治療が必要です。2日以上のどが腫れて痛んだりした時や高熱、発疹が出たりした場合は、溶連菌感染症の疑いがあるので必ず病院を受診しましょう。溶連菌感染症は繰り返しかかることがあり、大人でもかかる病気です。

溶連菌感染症について知る

監修プロフィール
黒木 春郎先生
外房こどもクリニック院長 くろき・はるお黒木 春郎先生

千葉大学医学部卒業。医学博士。千葉大学医学部附属病院小児科医局に所属し、関連病院勤務を経て、1998年千葉大学医学研究院小児病態学教官。2005年、外房こどもクリニックを開業。千葉大学医学部臨床教授、日本小児科学会専門医・指導医、日本感染症学会専門医・指導医・評議員、厚生労働省「オンライン診療の適切な実施に関する指針の見直しに関する検討会」構成員等を務める。著書に『プライマリケアで診る小児感染症 7講』(中外医学社)、共著『最新感染症ガイド R-Book 2018-2021』(日本小児医事出版社)ほか。

今すぐ確認!ドクターズチェックはコチラ

もっと知りたい!動画はコチラ