中耳炎

中耳炎は耳の中耳の部分に炎症が起こる病気です。
耳の構造は大きく「外耳」「中耳」「内耳」に分けられます。中耳は、鼓膜とその奥にある鼓室と呼ばれる空洞から成り、鼓室は耳管という管で鼻の奥にあるのどとつながっています。

中耳炎イメージ図①

中耳炎には大きく分けて次の4つがあります。

①急性中耳炎
最もよく起こる中耳炎。中耳に急性炎症が起こる。約60~70パーセントの子どもが小学校入学までに一度はかかるといわれ、特に2歳未満の乳幼児に多く、繰り返しやすいのが特徴。
②滲出性(しんしゅつせい)中耳炎
耳管の機能が低下して、中耳に液体(滲出液)がたまる。6歳頃までの子どもに多く、10歳を超えると少なくなる。また老化によって、耳管の機能が衰えた高齢者にも起こりやすい。
③慢性中耳炎
急性中耳炎を繰り返したり、急性中耳炎が完全に治らなかったりして炎症が慢性化したもの。鼓膜が破れたまま穴が残ったり、耳だれ(耳の穴から出てくる分泌物)を繰り返したりする。
④真珠腫性(しんじゅしゅせい)中耳炎
鼓膜の一部が内側に陥入して炎症が起こり、陥入した鼓膜が増殖し真珠のような腫瘍をつくる。

急性中耳炎を繰り返し起こしたり、完治しなかったりして鼓膜が破れたままになり、耳だれが3カ月以上続くと、慢性中耳炎となります。急性中耳炎が長引くと滲出性中耳炎が起こりやすく、滲出性中耳炎や慢性中耳炎が完治しないと真珠腫性中耳炎に移行することがあります。

中耳炎が慢性化する流れ

中耳炎は、痛みなどの症状が和らいでも鼓膜や鼓室の状態が回復するまでには時間がかかります。自己判断で治療をやめると繰り返したり慢性化したりする場合があるため、医師の指導のもと治療を続けましょう。

中耳炎について知る

監修プロフィール
村上 信五先生
名古屋市立東部医療センター病院長 むらかみ・しんご村上 信五先生

医学博士。80年愛媛大学医学部附属病院、愛媛県立中央病院、89年米国スタンフォード大学研究員、92年愛媛大学医学部耳鼻咽喉科講師、98年より名古屋市立大学大学院医学研究科耳鼻咽喉・頭頚部外科学教授、2012年より同大学学長補佐、14年より名古屋市立大学病院副病院長を経て、18年より現職。

今すぐ確認!ドクターズチェックはコチラ

もっと知りたい!動画はコチラ