ADHD(注意欠如・多動性障害)

ADHD (Attention-Deficit/Hyperactivity Disorder:注意欠如・多動性障害)とは、「不注意(注意力が散漫で集中力が持続しない)」「多動性(落ち着きがない)」「衝動性(待つのが苦手で突発的に行動する)」の3つを主な症状とする発達障害の一つで、症状は小学生までに現れます。小学生の約3%がADHDの症状を示すといわれ、女児に比べて男児の方が4~5倍多く見られます。大人では人口の約1.5%いるといわれ、男女比に大きな差はありません。
男性では子どもの頃から「多動性」や「衝動性」の症状が優勢に出るため発見されやすく、一方女性は、子どもの頃から「不注意」の症状が優勢に出ているものの、大きなトラブルになりにくいこともあって、大人になるまでなかなか気づきません。そのため、大人になると男女比に大きな差がなくなると考えられています。
このように近年、大人のADHDも認知されてきていますが、うつ病などの精神疾患でもADHDと同じように注意力が散漫になったりすることがあるので、ADHDかどうかは医師の診断を受けることが大切です。ADHDの場合は、小学生までに症状が出ていたかどうかが診断の1つの手掛かりとなります。

ADHD(注意欠如・多動性障害)について知る

監修プロフィール
田中 伸一郎先生
獨協医科大学 埼玉医療センター こころの診療科 准教授 たなか・しんいちろう田中 伸一郎先生

精神科専門医・医学博士。2000年東京大学医学部卒業後、赤光会斎藤病院、東京大学医学部附属病院精神神経科、杏林大学医学部精神神経科学教室などを経て現職。誰もがこころの問題を理解し、互いに助け合うことのできる社会づくりを目指し、精神医療の最前線で日々診療しながら、メディアを通じて正しい知識の普及を行っている。

ADHD(注意欠如・多動性障害)に関する動画