骨粗鬆症

「骨粗鬆症(こつそしょうしょう・骨粗しょう症)」とは、骨の主成分であるカルシウムなどの総量(骨量)が低下して全身の骨が弱くなる病気です。女性ホルモンとの関わりが深く、閉経を迎えた50歳以降の女性に多く見られ、症状がないまま進行し、骨折して初めて気づくことが多いのが特徴です。骨粗鬆症により転倒骨折や圧迫骨折を起こすと痛みなどから寝たきりを招くこともあるため、日頃から対策を行い、骨の健康を維持することが大切です。

骨粗鬆症について知る

監修プロフィール
対馬ルリ子先生
対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座・新宿理事長 つしま・るりこ対馬ルリ子先生

産婦人科医・医学博士。1984年弘前大学医学部卒業後、東京大学医学部産婦人科学教室助手、東京都立墨東病院総合周産期センター産婦人科医長などを経て、2002年に「ウィミンズ・ウェルネス銀座クリニック」を開院。女性のための総合医療を実現するためにNPO法人「女性医療ネットワーク」を設立(現理事長)。様々な情報提供、啓発活動、政策提言などを行っている。

骨粗鬆症に関する動画