卵巣がん

「サイレント・キャンサー(静かながん)」とも呼ばれる卵巣がんは、症状がないため早期発見が難しく、女性特有のがんの中で死亡率が最も高いのが特徴です。進行すると、腫瘍が大人の頭ほどに大きくなったり腹水がたまったりしてお腹が腫れますが、太っただけと見過ごされ、発見された時にはかなり進行していることが多いです。ライフスタイルの変化により近年増加傾向にあり、40〜60代に多く見られます。若い時から低用量ピルを服用していると、子宮内膜症や排卵の抑制をしておくと卵巣がんのリスクは最大8割減らせることを知っておきましょう。

卵巣がんについて知る

監修プロフィール
対馬ルリ子先生
対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座・新宿理事長 つしま・るりこ対馬ルリ子先生

産婦人科医・医学博士。1984年弘前大学医学部卒業後、東京大学医学部産婦人科学教室助手、東京都立墨東病院総合周産期センター産婦人科医長などを経て、2002年に「ウィミンズ・ウェルネス銀座クリニック」を開院。女性のための総合医療を実現するためにNPO法人「女性医療ネットワーク」を設立(現理事長)。様々な情報提供、啓発活動、政策提言などを行っている。