乳がん

乳がんは乳房に発症する悪性の腫瘍で1998年以降、日本人女性がかかるがんのトップを占めています。しかし早期発見・治療を行えば、局所の治療だけで済み、治るがんです。主な症状は胸のしこり(乳房内にある小さな腫瘤)で、表面がでこぼこして硬く、痛みを伴わないのが特徴です。治療は病変部周囲を切除する手術が中心で、最近は乳房温存手術が主流です。一般に乳がんの診察・治療・手術は外科(乳腺外科)で行います。

乳がんについて知る

監修プロフィール
対馬ルリ子先生
対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座・新宿理事長 つしま・るりこ対馬ルリ子先生

産婦人科医・医学博士。1984年弘前大学医学部卒業後、東京大学医学部産婦人科学教室助手、東京都立墨東病院総合周産期センター産婦人科医長などを経て、2002年に「ウィミンズ・ウェルネス銀座クリニック」を開院。女性のための総合医療を実現するためにNPO法人「女性医療ネットワーク」を設立(現理事長)。様々な情報提供、啓発活動、政策提言などを行っている。

今すぐ確認!ドクターズチェックはコチラ