子宮筋腫

子宮筋腫は子宮の壁の筋肉にできる良性の腫瘍です。子宮筋腫は小さなものも含めると、30歳以上の女性の20~30%に見られるといわれる、身近な病気です。子宮筋腫の発生原因には女性ホルモンのエストロゲンが関係すると考えられていて、主な症状は筋腫のできている場所により、生理の経血の量が多い、頻尿や圧迫感など様々です。筋腫が大きくなると腹部を触った時にしこりを感じることもあります。日常生活に支障が出るほど強い症状がある場合などは手術を行いますが、その他は経過観察や薬による治療が中心です。

子宮筋腫について知る

監修プロフィール
対馬ルリ子先生
対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座・新宿理事長 つしま・るりこ対馬ルリ子先生

産婦人科医・医学博士。1984年弘前大学医学部卒業後、東京大学医学部産婦人科学教室助手、東京都立墨東病院総合周産期センター産婦人科医長などを経て、2002年に「ウィミンズ・ウェルネス銀座クリニック」を開院。女性のための総合医療を実現するためにNPO法人「女性医療ネットワーク」を設立(現理事長)。様々な情報提供、啓発活動、政策提言などを行っている。

今すぐ確認!ドクターズチェックはコチラ

もっと知りたい!動画はコチラ