排尿痛

排尿痛は、尿路(腎臓・膀胱・尿道)に炎症がある時に起こり、多くは細菌感染が原因になります。主に「膀胱炎」や「前立腺炎」「尿道炎」、「クラミジア感染症」や「淋病」のような性感染症などが排尿痛の原因です。細菌感染以外の原因では、尿路に石が詰まる「尿管結石」になると排尿時に激しい痛みが現れます。原因となる疾患によっては排尿痛以外にも、尿のにごりや血尿、背部の痛みやかゆみなど、様々な症状が現れます。排尿痛や症状が持続したり、発熱を伴ったりする場合は、速やかに泌尿器科を受診しましょう。

排尿痛について知る

監修プロフィール
今津嘉宏先生
芝大門 いまづクリニック院長 いまづ・よしひろ今津嘉宏先生

1988年藤田保健衛生大学医学部卒業。慶應義塾大学医学部外科学教室助手、同大学医学部漢方医学センター助教、WHO intern、慶應義塾大学薬学部非常勤講師、北里大学薬学部非常勤講師、首都大学東京非常勤講師などを経験。2013年芝大門 いまづクリニック開設。北里大学薬学部非常勤教員。著書に『風邪予防、虚弱体質改善から始める 最強の免疫力』(ワニブックス)など。

今すぐ確認!ドクターズチェックはコチラ

あわせて読みたいコラムはコチラ