打撲・捻挫(ねんざ)

「打撲=打ち身」は、人や物にぶつかったり転倒したりして起こる、皮膚には傷口がないものの、皮下組織や筋肉などが損傷するけがのことです。多くの場合、病院で治療を受けなくても自然に治りますが、打撲だけでなく骨折しているケースもあるので慎重に見極めることが重要です。 一方「ねんざ」は、関節部分の損傷です。本来、関節には一定の運動範囲がありますが、その範囲を越える無理な力が加わって曲げられたり伸ばされたりした結果、関節を構成する「関節包(かんせつほう)」や「靭帯(じんたい)」、「滑膜(かつまく)」がねじれ、部分的に切れてしまった状態のことです。足、手、肩、膝関節など、全身のあらゆる関節で起こります。

ひざの関節

打撲・捻挫(ねんざ)について知る

監修プロフィール
今津嘉宏先生
芝大門 いまづクリニック院長 いまづ・よしひろ今津嘉宏先生

1988年藤田保健衛生大学医学部卒業。慶應義塾大学医学部外科学教室助手、同大学医学部漢方医学センター助教、WHO intern、慶應義塾大学薬学部非常勤講師、北里大学薬学部非常勤講師、首都大学東京非常勤講師などを経験。2013年芝大門 いまづクリニック開設。北里大学薬学部非常勤教員。著書に『風邪予防、虚弱体質改善から始める 最強の免疫力』(ワニブックス)など。

今すぐ確認!ドクターズチェックはコチラ

あわせて読みたいコラムはコチラ

もっと知りたい!動画はコチラ