高血圧

心臓が血液を送り出す際、血管の内側にかかる圧力が「血圧」です。血圧には、心臓が収縮して血液が送り出される時の「最高(収縮期)血圧」と、心臓が拡張して元の大きさに戻る時の「最低(拡張期)血圧」があります。血圧値は、心臓が1回の収縮で送り出す血液の量と、血管の太さや血管の壁の硬さによって決まります。送り出す血液量が多く、血管が細く、血管壁が硬いほど血圧値は高くなります。血圧が高い状態が続くと血管や心臓に負担がかかり、脳梗塞やくも膜下出血、心筋梗塞など、重篤な病気を引き起こすリスクを高めます。けれども高血圧は、自覚症状が現れないまま進行する「サイレントキラー」。だからこそ、定期的なチェックによる早期発見と、生活習慣の見直しによる予防・改善が大切なのです。

高血圧について知る

監修プロフィール
今津嘉宏先生
芝大門 いまづクリニック院長 いまづ・よしひろ今津嘉宏先生

1988年藤田保健衛生大学医学部卒業。慶應義塾大学医学部外科学教室助手、同大学医学部漢方医学センター助教、WHO intern、慶應義塾大学薬学部非常勤講師、北里大学薬学部非常勤講師、首都大学東京非常勤講師などを経験。2013年芝大門 いまづクリニック開設。北里大学薬学部非常勤教員。著書に『風邪予防、虚弱体質改善から始める 最強の免疫力』(ワニブックス)など。

今すぐ確認!ドクターズチェックはコチラ

もっと知りたい!動画はコチラ