かぶれ(接触性皮膚炎)

肌のかぶれは「湿疹(皮膚炎)」の一種で、原因物質に直接皮膚が触れることで起こるかぶれを「接触皮膚炎」と呼びます。かゆみや痛みを伴って赤く腫れたり、水ぶくれやブツブツ(丘疹・きゅうしん)ができたりします。接触皮膚炎の治療は、原因物質が分からないと適切に対処できないため、まずは原因を確定することが大切です。植物かぶれなどのように、接触後半日から1日経ってから症状が現れるものもあります。

かぶれ(接触性皮膚炎)について知る

監修プロフィール
今津嘉宏先生
芝大門 いまづクリニック院長 いまづ・よしひろ今津嘉宏先生

1988年藤田保健衛生大学医学部卒業。慶應義塾大学医学部外科学教室助手、同大学医学部漢方医学センター助教、WHO intern、慶應義塾大学薬学部非常勤講師、北里大学薬学部非常勤講師、首都大学東京非常勤講師などを経験。2013年芝大門 いまづクリニック開設。北里大学薬学部非常勤教員。著書に『風邪予防、虚弱体質改善から始める 最強の免疫力』(ワニブックス)など。

あわせて読みたいコラムはコチラ