乗り物酔い

慣れない乗り物の揺れやスピードに脳が混乱してしまうと、自律神経が乱れて吐き気や嘔吐、めまいなどの不快な症状を引き起こしてしまいます。これが乗り物酔いです。一度乗り物酔いを経験すると苦手意識などをもつようになってしまいますが、市販薬の活用も含め、心と体を正しくケアしていれば、防げる可能性があります。なお、乗り物酔いは大人になるに従い症状も現れにくくなります。

乗り物酔いについて知る

監修プロフィール
今津嘉宏先生
芝大門 いまづクリニック院長 いまづ・よしひろ今津嘉宏先生

1988年藤田保健衛生大学医学部卒業。慶應義塾大学医学部外科学教室助手、同大学医学部漢方医学センター助教、WHO intern、慶應義塾大学薬学部非常勤講師、北里大学薬学部非常勤講師、首都大学東京非常勤講師などを経験。2013年芝大門 いまづクリニック開設。北里大学薬学部非常勤教員。著書に『風邪予防、虚弱体質改善から始める 最強の免疫力』(ワニブックス)など。

乗り物酔いに関する動画