アトピー性皮膚炎

皮膚の表面には外部の様々な刺激から体を守るバリア機能があります。アトピー性皮膚炎は、外部からの様々な刺激から体を守る皮膚のバリア機能の異常がもとで、かゆみのある湿疹がよくなったり悪くなったりを繰り返す病気です。アトピー性皮膚炎は乳幼児期に発症する慢性疾患で、大人になると治まることが多かったのですが、最近では大人になっても治らない、大人になってから発症するといったケースも増えてきました。アトピー性皮膚炎の発症には体質が影響しているといわれますが、まだ完全には解明されておらず、アトピー素因(※)があっても、十分なスキンケアで予防ができ、症状が軽快すると考えられています。

※アトピー素因:本人または家族がぜんそく、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮膚炎のうちいずれか、または複数の疾患にかかっている、または、アレルギー反応に関わるIgE抗体をつくりやすい体質であること。

アトピー性皮膚炎について知る

監修プロフィール
今津嘉宏先生
芝大門 いまづクリニック院長 いまづ・よしひろ今津嘉宏先生

1988年藤田保健衛生大学医学部卒業。慶應義塾大学医学部外科学教室助手、同大学医学部漢方医学センター助教、WHO intern、慶應義塾大学薬学部非常勤講師、北里大学薬学部非常勤講師、首都大学東京非常勤講師などを経験。2013年芝大門 いまづクリニック開設。北里大学薬学部非常勤教員。著書に『風邪予防、虚弱体質改善から始める 最強の免疫力』(ワニブックス)など。

あわせて読みたいコラムはコチラ