ヘルペス

「ヘルペス」とは、小さなみずぶくれが集まってできる皮膚疾患で、一般にヘルペスウイルスによる感染症のことを言います。人に感染するヘルペスウイルスは8種類あり、それぞれ感染力が非常に強く、体の皮膚や粘膜のどこにでも感染します。症状が現れる部位や現れ方によって、「口唇ヘルペス」や「性器ヘルペス」、「帯状疱疹」などと呼び分けられています。ヘルペスが他の感染症と大きく異なる点は、一度感染すると、ウイルスが神経節の中に潜伏して生き延びること。そのため、症状が治まったとしても、免疫力が弱くなった時などに再発します。

ヘルペスについて知る

監修プロフィール
今津嘉宏先生
芝大門 いまづクリニック院長 いまづ・よしひろ今津嘉宏先生

1988年藤田保健衛生大学医学部卒業。慶應義塾大学医学部外科学教室助手、同大学医学部漢方医学センター助教、WHO intern、慶應義塾大学薬学部非常勤講師、北里大学薬学部非常勤講師、首都大学東京非常勤講師などを経験。2013年芝大門 いまづクリニック開設。北里大学薬学部非常勤教員。著書に『風邪予防、虚弱体質改善から始める 最強の免疫力』(ワニブックス)など。

今すぐ確認!ドクターズチェックはコチラ

もっと知りたい!動画はコチラ