飛蚊症(ひぶんしょう)

「飛蚊症」とは、視野の中で蚊が飛んでいるように見えたり、糸くずが舞っているように見えたりする症状のこと。その様子から「飛蚊症」と名付けられました。多くの場合は目の老化現象によって現れる症状の1つなので心配はいりませんが、中には、糖尿病や高血圧、網膜裂孔(もうまくれっこう)、網膜剥離(もうまくはくり)などの重篤な病気の前兆になっていることもあるので、飛蚊症に気づいたら、眼科を受診して原因を知っておくことが大切です。また、加齢によるものだと分かっていても、不快な浮遊物が目の前にちらつくことで精神的ストレスの原因になってしまうこともあります。

飛蚊症(ひぶんしょう)について知る

監修プロフィール
今津嘉宏先生
芝大門 いまづクリニック院長 いまづ・よしひろ今津嘉宏先生

1988年藤田保健衛生大学医学部卒業。慶應義塾大学医学部外科学教室助手、同大学医学部漢方医学センター助教、WHO intern、慶應義塾大学薬学部非常勤講師、北里大学薬学部非常勤講師、首都大学東京非常勤講師などを経験。2013年芝大門 いまづクリニック開設。北里大学薬学部非常勤教員。著書に『風邪予防、虚弱体質改善から始める 最強の免疫力』(ワニブックス)など。

今すぐ確認!ドクターズチェックはコチラ