更年期障害

「更年期」とは女性ホルモン「エストロゲン」の分泌量が低下する、閉経の前後10年間を指します。日本人の閉経平均年齢は50.5歳。個人差がありますが、40代半ばから50代半ばが更年期にあたります。
更年期には「エストロゲン」分泌量の低下に伴い、のぼせやイライラ、不眠、肩こりなど様々な症状が現れます。症状の出方や重症度にも個人差があり、中でも日常生活に支障を来すほど症状が重い状態を「更年期障害」と呼びます。更年期を正しく理解し、対策をとることは、更年期を快適に過ごすだけでなく、その後の人生のQOL(生活の質)の維持・向上につながります。

更年期障害について知る

監修プロフィール
今津嘉宏先生
芝大門 いまづクリニック院長 いまづ・よしひろ今津嘉宏先生

1988年藤田保健衛生大学医学部卒業。慶應義塾大学医学部外科学教室助手、同大学医学部漢方医学センター助教、WHO intern、慶應義塾大学薬学部非常勤講師、北里大学薬学部非常勤講師、首都大学東京非常勤講師などを経験。2013年芝大門 いまづクリニック開設。北里大学薬学部非常勤教員。著書に『風邪予防、虚弱体質改善から始める 最強の免疫力』(ワニブックス)など。

今すぐ確認!ドクターズチェックはコチラ

もっと知りたい!動画はコチラ