関節痛(膝の痛み)

全身の体重を支える膝の関節には、日々多くの負担がかかっています。そのため膝は、痛みを起こしやすい部位といえます。膝の関節痛の原因で最も多いのが、加齢や肥満に起因する「変形性膝関節症」。膝の関節軟骨がすり減るなどして膝に痛みが起こり、放置すると歩けなくなることもある疾患で、膝の痛みを訴える人の約9割に発症し、推定患者数は2500万人ともいわれています。主に40代以降の女性に多く見られますが、筋肉の老化が始まる30代から発症する場合もあります。

関節痛(膝の痛み)について知る

監修プロフィール
今津嘉宏先生
芝大門 いまづクリニック院長 いまづ・よしひろ今津嘉宏先生

1988年藤田保健衛生大学医学部卒業。慶應義塾大学医学部外科学教室助手、同大学医学部漢方医学センター助教、WHO intern、慶應義塾大学薬学部非常勤講師、北里大学薬学部非常勤講師、首都大学東京非常勤講師などを経験。2013年芝大門 いまづクリニック開設。北里大学薬学部非常勤教員。著書に『風邪予防、虚弱体質改善から始める 最強の免疫力』(ワニブックス)など。

今すぐ確認!ドクターズチェックはコチラ

もっと知りたい!動画はコチラ