過敏性腸症候群

過敏性腸症候群(IBS)とは、大腸内視鏡などの検査をしても腸には目に見える異常が見つからないのに、下痢や便秘などの便通異常が頻繁に起こり、腹部の不快な症状が続く病気のことです。 腸には多くの神経細胞があり、自律神経を介して脳とつながっています。腸が不調だと気持ちが落ち込み、脳に受けたストレスは腸に反映し不調を招く。このように脳と腸が双方向に影響し合うことを「脳腸相関」といいます。

過敏性腸症候群について知る

監修プロフィール
江田 証 先生
江田クリニック院長 えだ・あかし江田 証 先生

自治医科大学大学院医学研究科修了。日本消化器病学会認定専門医、日本ヘリコバクター学会ピロリ菌感染症認定医、日本抗加齢医学会専門医、米国消化器病学会国際会員。『新しい腸の教科書』(池田書店)他著書多数。

今すぐ確認!ドクターズチェックはコチラ

もっと知りたい!動画はコチラ