脳血管疾患の予防法

脳血管疾患の5大危険因子を避ける

脳血管疾患は、後遺症が残る可能性が高いことから、予防が非常に重要といわれています。予防には「脳血管疾患の5大危険因子」と呼ばれる、「高血圧」「糖尿病」「脂質異常症」「不整脈」「喫煙」の5つのリスクを避けることが効果的です。

そのほか、男性、高齢者、肥満、過度の飲酒、運動不足なども脳血管疾患の危険因子としてあげられます。当てはまる人は注意しましょう。

脳血管疾患の予防には、予防医療の基本である、規則正しい生活とバランスの良い食事、そして適度な運動を行うことが大切です。まずは生活習慣と食事の改善から始めてみるとよいでしょう。

FAST