脳血管疾患の対策

脳血管疾患のサイン「FAST」が見られたら救急車を手配

脳血管疾患の疑いがある場合、なるべく早く病院を受診しましょう。脳血管疾患は後遺症によって、その後の生活に支障を来すことが多々あります。発症後、早く治療を開始すれば後遺症を軽くすることも可能なため、できる限り早く病院を受診することが大切です。

脳血管疾患には「FAST」というチェック項目があり、この中で1項目でも該当するものがある場合、70%以上の確率で脳血管疾患の疑いがあるといわれています。下記に当てはまるものがあれば、速やかに救急車を手配しましょう。

脳血管疾患のサイン「FAST」
F(face):「イー」と言いながら口を横に開いたとき、顔の片方がゆがんでいる
A(arm):目を閉じて両腕を上に上げたとき、片側が上がらない、または上がりにくい
S(speech):短い文章なのに、滑らかに話せない、またはろれつが回らない
脳血管疾患は、発症からどれくらい時間が経っているかも重要です。上記に加え、

T(time):上記の症状が発症した時間」もチェックしておきましょう。