心筋梗塞の原因

心筋梗塞の原因:心臓の冠動脈が完全にふさがり血流が途絶える

心筋梗塞は、心臓の冠動脈に血の塊(血栓)ができて完全にふさがり、血流が途絶えた状態のことをいいます。狭心症と似ていますが、狭心症は血管が狭くなりながらもわずかに血流があるのに対し、心筋梗塞は血流が完全に途絶えた状態です。そのため、血流がない部分の心筋細胞が壊死し、強烈な痛みに襲われます。これが心筋梗塞です。血栓ができる原因のほとんどは動脈硬化ですが、血管の強いけいれんが長時間続いた結果、生じることもあります。