HIV感染症(エイズ)

体の抵抗力を下げる「HIV感染症」

HIV(ヒト免疫不全ウイルス)への感染によって発症します。性行為やオーラルセックス、感染者の血液が傷や粘膜に触れることなどで感染。無症状が数年〜10数年続き、症状が出た状態を「エイズ」といいます。

発症すると体の抵抗力が弱まり、様々な病気にかかりやすくなります。

HIV感染症を完治させる薬はありませんが、今は治療によって長期間エイズの発症を抑えることが可能です。

感染の疑いがあれば早めに検査を受け、結果が陽性の場合、予防的治療を開始することで発症を遅らせることができます。