尖圭コンジローマ

子宮頸がんと同じウイルスが原因「尖圭コンジローマ」

ヒトパピローマウイルス(HPV)による感染で、外陰部や肛門の周囲、子宮頸部などに先のとがったイボができます。痛みはなく、良性であり、がん化はしません。

できたイボには痛みやかゆみはないものの、皮膚がこすれると広がってイボが増えていきます。増えたイボがカリフラワーのようになる場合もあります。

治療は、外科的切除、電気メスや液体窒素による凝固、レーザー治療、軟膏の塗布といった治療法の中から、イボのできた場所や範囲によって適切な方法を選択します。切除しても再発しやすいのが特徴なので、根気よく治療を受けましょう。