カンジダ腟炎

妊娠中にも発症しやすい「カンジダ腟炎」

カンジダ腟炎は腟内に存在する常在菌、カンジダ・アルビカンスを主とした真菌感染症。性感染症の1つではありますが、妊娠中やホルモン薬の服用中、長期にわたって抗生物質をのんだ時など、性行為以外の原因でも発症します。

カンジダ腟炎を発症すると、外陰部や腟に炎症が起こり、強いかゆみを伴う他、ドロッとしたカッテージチーズ状のおりものが多量に出ることもあります。

治療は、抗菌薬の内服薬+外用薬(腟剤)の使用や腟の洗浄を行います。