腟トリコモナス症

黄色や黄緑色のおりものが増える「腟トリコモナス症」

トリコモナス原虫という虫が病原体。トリコモナス原虫はぬれた状態の暖かい場所を好むため、性行為だけでなく便座や浴槽、下着、タオルなどから感染することもあります。

男女ともに感染しますが、男性はほとんど自覚症状がなく、相手に感染させてしまうことが多々あります。女性が感染すると黄色や黄緑色の泡立ったようなおりものが増え、悪臭を放ったり、外陰部がただれたりなどの症状が現れます。感染から発症まで、1~2週間を要します。

内服薬+外用薬(腟剤)で治療する

トリコモナス原虫はおりものの顕微鏡検査で簡単に見つけることができます。治療は約2週間、抗原虫剤の内服薬+外用薬(腟剤)を使用します。なお、この薬はアルコールと一緒に服用するとめまいや吐き気などの副作用が現れることがあるため、服用中は飲酒を避けること。