性器ヘルペス

20~30代の女性に多い「性器ヘルペス」

単純ヘルペスウイルス1型、または2型の感染による性感染症の1つ。20~30代の女性に多く、口唇ヘルペスに感染した人とのオーラルセックスや、性器ヘルペスの人とのオーラルセックスによって、性器の他に、のどの粘膜に感染するケースがあります。

外陰部などに小さな水ぶくれが現れるが、感染に気づかないことも

女性は外陰部、男性は亀頭や包皮に小さな水ぶくれが多数現れ、それが潰れて潰瘍となり、激痛を伴います。高熱や灼熱感、足のリンパ節の腫れが出ることもあります。

口唇ヘルペス同様、免疫力が低下していると再発し、年に何回も繰り返すこともあり、予防的治療も保険適用になっています。お尻や大腿部、肛門周囲などに症状が出ることもあります。

また、性器ヘルペスに感染すると梅毒やエイズなど、血液を介してうつる性感染症にもかかりやすくなります。

性器ヘルペスは症状や血液抗体検査で診断されます。抗ウイルス薬の服薬と塗布により、3~5日間で症状は治まります。