性感染症の原因

女性は性器の構造上、性感染症に感染しやすい

性感染症は男性がかかりやすい病気と、女性がかかりやすい病気があります。女性は、腟、子宮、卵管などが全てつながって腹腔内に開いているため、腟で感染した病原体が子宮、卵管、骨盤、腹膜にも感染するおそれがあります(クラミジア、淋菌など)。自分の身を守るためにも性感染症の感染を防ぐ方法や、どんな病気があって、それぞれの性感染症でどんな症状が出てくるのかを知っておくのは大切なことです。

感染経路

性感染症の感染者数が多いのは20代

ほとんどの性感染症において、最も感染者数が多いのは20代です。その一因として、予防法や対処法についての知識がないことや、短期間でパートナーが変わること、さらに症状が現れにくいため気づかないうちに他の人へも感染を広めているといったことが考えられます。今や性感染症は、一部の人がかかる特別なものではなく、かぜやインフルエンザと同様に、普通に生活していて、性行為をしている人であれば、誰がかかっても不思議ではない病気です。性感染症に対する正しい知識を身につけ、感染の予防に努めましょう。

性感染症は気づかず放置しているうちに、感染が広がる

性感染症には、多くの種類があります。最近では淋菌感染症(淋病)、性器クラミジア感染症、性器ヘルペス、尖型コンジローマ、HIV感染症(エイズ)などの他、梅毒の感染が若い女性を中心に急増しています。これらの多くは感染しても症状が現れにくいのが特徴です。そのため気づかずに放置しているうちにパートナーにうつしてしまったり、感染が性器以外にも広がって重症化してしまったりといった、深刻な事態を招いています。その他、オーラルセックスにより性器と口腔が接触する機会が増え、のどから感染(咽頭感染)するケースも増えています。

性感染症増加のおもな原因

性感染症が不妊や子宮外妊娠の原因になることも

性感染症が不妊や流産の原因になることも少なくありません。例えば性器クラミジア感染症は自覚症状が少ないまま症状が進行し、卵管や卵巣に感染が広がった結果、卵管が詰まり、妊娠しづらい状態になってしまうこともあります。子宮外妊娠の原因にもなります。妊娠前に定期的に医療機関で検査をし、感染していると分かったらパートナーと一緒に治療しましょう。